医師の学会に参加するための知識

医師の学会の分野

担当医

医師の学会とはどのようなものか

医師の学会といってもいろんな分野があり、またその分野がこまかく分かれています。例を挙げますと、外科学会、内科、精神科などといったもので、計900くらいあります。国際的なものを含めるとさらに増えます。このような会で発表したり、参加したりするには、年間数万円の入会金を払う必要があります。医師によってはいくつもの会に入会している方もいます。仕事が本業ですから、会に参加したりするには多忙な時間を避ける必要がありますので、多くの患者さんを抱えている医者は会に参加することは難しいです。会はあくまでも自己啓発の場であり、かつ自分の専門分野に磨きをかける場でもあります。また多くの人を触れあれることで情報交換ができます。仕事という一つの空間で多忙をほぼ毎日きわめることも大切ですが、たまには会に顔を出すことでストレス解消や気分転換になりますので、このような会は重要な位置付であります。医学は日進月歩ですので、会でも常に最先端の技術を学ぶべる場なのです。

学会に参加する理由とは

医師のための学会は多く開かれています。参加することが強制ではないにも関わらず、多くの人が参加する理由はいくつかあります。まず、自分たちの研究成果を発表するためです。治療を行うことだけでなく、研究を行っている人は多いので、そのような人たちがこれまでの成果を発表する場でもあるのです。次に最新の知識を得るために参加すると言えます。医学は目覚ましい発展を遂げており、日々新たな発見があります。治療法なども新しく生み出されているため、新たな知識を早く取り入れるということは診療を行う上でもとても重要なことなのです。そして、集まった人同士で情報交換を行うことが出来るという理由があります。大きい病院に勤めていなければ同業者と話す機会は少ないため、このような機会が大切なのです。他にも専門医や指導医などの資格を取ったり更新をするために出席する必要がある場合もあります。このように、医師が学会に参加することには自身の勉強のためであったり、今後の診療に新たな知識を活かすためだと言えるのです。

↑PAGE TOP