脱毛は安全性とコストパフォーマンスが大事

種類

脱毛方法は様々あり、サロンやクリニックに通い脱毛のプロに任せるか
自分で自己処理をするかに分けられます。


具体的な差と安全性を比較検討しどこで処理するかがいいかを各自で決めることが
大事だと思います。

脱毛はするのが当たり前になっている割には、安全性についてが無視されつつ
あります。

自己処理

・カミソリ(全身)
・ワックス、クリーム(わき、Vライン、足、うで)
・脱毛機(全身)

自己処理も多岐にわたりますが、上記で書いている通り
部位に向き不向きがあるかと思います。

脱毛気が自己処理の中では万能でしょうが種類も豊富で
使ってみて良かった悪かったの意見のひらきがあるのも事実と言えます。

専門店

・脱毛専門エステサロン(全身)
・医療系脱毛(全身)

専門店ですから当然対応範囲は全身を行っています。
どちらがいいか?いつも議論される点です。

価格帯でいうとエステ系のほうが安く医療系のほうが高いと
言われているのが一般的ですが、安全性でいうと実際のところ
エステのほうが高いのではないでしょうか。(個人の見解ですが)


但し、医療系は最初から、火傷の危険性を説いていおり、万が一
火傷してしまったとしてもアフターケアをするので。。。とHP上に
書いていたりします。

しっかりと内容を確認してから通うのがいいでしょう。

安全性という意味では、カミソリでミスをして肌を切ってしまった、ワックスを肌につけすぎてしまった
など自己処理での安易なミスといった部分はサロンではほぼないと考えられます。


機械的な面で思わぬことが、、、という面はなきにしもあらずですから、どれが一番安全か。
は難しいところですが、これは脱毛じゃなくても美容院などでも前髪を切りすぎたとかと同じことでしょう。

ですから、部位で考えるものいいかもしれません。
自宅で処理しやすい。 若しくは自分が処理するのが
得意な部位は自分でする。ハイジニーナ脱毛のように処理しずらい。また、どのような形にするべきか
悩むというところだけサロンの人と相談しキレイにしてもらうという使い分けが脱毛ではベストなんではないかなと。

ムダ毛の自己処理方法の一つ脱毛クリームはコスパは良い

自己処理の一つに脱毛クリームがあります。
脱毛クリームは皮膚の表面に生えている毛をアルカリ性の薬剤で溶かして処理します。
毛抜きで処理をする様な痛みやカミソリを使用した後のカミソリ負けもありません。


毛を溶かして処理をする為、剃った後の様に毛の断面図が太くならないので、
次に生えて来た毛が太く目立つ様に感じられる事はカミソリ処理ほどありません。

脱毛クリームの安全な正しい使い方

脱毛クリームで安全に正しい使い方をするには、まずはパッチテストが必要です。

脱毛クリームは安全な成分や刺激の少ない薬剤を使用していますが、
毛を溶かすほどの薬剤を使用するので誰もが肌に合うとは限りません。

少しでも症状が出た場合は使用しない事が大事です。

更に肌の状態や体調が悪い時も使用を避ける事が肌トラブル防止になります。
自分の肌に合う脱毛クリームを用意し、必ず乾いた肌に塗ります。

脱毛したい部分に毛が見えなくなる様にムラなく塗っていき、所定の時間まで待ちます。

そこで塗る量や、待ち時間の規定を守らないと正しい脱毛効果は期待できません。

脱毛効果を期待して多く塗る、長く待つなどしてもそれ以上の効果はなく、
むしろ肌を傷める事になります。

所定の時間が来たら付属のコ―ムやタオルなどで肌を傷つけない様に
拭きとったりお湯で綺麗に落とします。

ローションなどで保湿を行うなどのアフターケアが大事

肌が敏感になっているので擦ったりなどの拭き方は肌を傷めます。
拭き終わった後は刺激が少ないローションなどで保湿を行うなどの
アフターケアも必要です。

良く説明書を読み使い方を理解し、自分に合った脱毛クリームを使用すれば
脱毛手順は少なく、短時間で手軽に処理出でき、
肌を傷める事無くムダ毛のない肌になります。

脱毛クリームを使用したデリケートゾーンの脱毛

デリケートゾーンの脱毛は、大事な部分が近くにあるため刃物を使った
剃毛などの処理はできるだけ避けたい箇所でもあります。


また、粘着シートなどを使用した脱毛方法の場合、デリケートゾーンの肌質が
比較的弱い肌質が多いため、肌を傷つけてしまうおそれもあります。

近年注目を集めている脱毛方法が脱毛クリームを使用した脱毛です。

この脱毛クリームを使用した脱毛方法は化学薬品を使用して毛を処理する脱毛方法で、
デリケートゾーンにも使用することができます。


クリーム状なので、自分でも簡単に塗って処理することができて、
比較的早く処理することができます。

化学薬品を使用しているので、敏感肌の方などで痛みやかゆみの症状がでることも

化学薬品を使用しているため、敏感肌の方が使用すると
傷みやかゆみなどの症状を引き起こしてしまう他、肌を炎症させてしまう可能性があるため、
使用する前に医師や薬剤師と相談してから使用するようにしましょう。

加えて、敏感肌でない場合でも、長時間薬剤が触れたままになると
かぶれてしまったり、傷みやかゆみなどの症状を引き起こしてしまう可能性があります。

敏感肌でない場合でもデリケートゾーンなので注意が必要

敏感肌でない場合でもデリケートゾーンは非常に薄い皮で出来ているため注意が必要です。
脱毛クリームを使用する場合は脱毛クリームを塗ってから
放置する使用する時間をしっかりと守って、
しっかりとしたアフターケアをするようにしましょう。


脱毛クリームを塗ってから放置する時間を長めに取る方も少なくありませんが、
これは逆効果となってしまうことが多いので注意が必要です。