女性

心に寄り添う心理カウンセラーの仕事|必要な資格や経験を知ろう

厚生労働省認定の資格です

鍼

鍼灸師とは法制度上の資格ではなく、はり師・きゅう師の国家資格を持つ人を指して呼ぶ名称です。柔道整復師などの専門学校で、鍼灸師の知識を学べる学科が設置されているところ多くあります。日本鍼灸・中国鍼灸などのベーシックなものだけでなく、美容・スポーツに関する鍼灸など、時代に合った知識が学べます。

もっと知ろう

障害者さんの笑顔のために

勉強道具

義肢装具士は医師の指示に従って義手や義足を作成するのが主な仕事で、障害者さんたちの非常に心強い味方となっています。この義肢装具士になるためには国家資格に合格をする必要があり、その際にオススメなのが専門学校に行って幅広い能力の伸ばすことです。

もっと知ろう

心理学の分野で活躍したい

相談

心理カウンセラーになるためには資格が必要ということはありません。資格よりも経験を重視される世界のため、資格だけ持っていても活躍できるというわけではありません。臨床心理士の資格がありますがそれ以外は民間の資格となります。ですが資格は知識を持っているという証明になるため、特に初期の就職活動では役に立ちます。取っていて損になるものではありません。資格を取る際に気を付けたいことは、どの分野での心理カウンセラーになりたいかということです。心理カウンセラーには、・医療分野・教育分野・司法分野・福祉、公衆衛生分野・産業分野と分かれています。それぞれ専門の知識が必要なため、心理的なこと以外の勉強も必要になってきます。

たとえ大学を出て心理カウンセラーの資格を取得したとしても就職先が決まるかというとそうでもありません。心理カウンセラーは狭き門で、求人数自体が少ない状態です。一番効率が良いのはコネを探すことです。例えば教育分野であれば母校をあたってみる、大学の先輩・先生から情報を得る、など知り合いなどから探っていくことが大事です。独立開業も可能ですが経営や顧客開拓などその他の情報も自分で得ていくことが必要です。また、心理カウンセラーに向いている人として、自分の感情をコントロールできる人、他者の感情に巻き込まれすぎない人、冷静な分析が出来る人、マイナス思考すぎない人、人の話を聞くことが苦ではない人などが挙げられます。