TOP

風俗に人生を賭けた若者達の命の体験談をご覧下さい。

下着からして…

この前の風俗は時間も時間だけにデリヘルにしようと。風俗店まで行っていたらさすがに終電に乗れないだろうって時間帯だったんですよね。だからまずは一度帰宅して、そこからホテルまで車で向かいました。それなら終電の心配なんて必要ありませんしね。でもデリヘルを楽しんでみて思ったのが、なんだかんだでとても楽しいという点とやっぱりデリヘルならではといういか、女の子の服装や下着といった風俗店では楽しめないことまで楽しめちゃうじゃないですか。そこは大きいですよね。他の風俗だと下着や衣装は脱がすためのものであって、まじまじと見るようなものではないって思っていたんですけど、デリヘルではそんなことはありませんでした。デリヘルでは下着や服装もまた、男の興奮の材料になるものなんだなってことに気付かされたので、今後はデリヘルは要チェックかもしれないなと。いろんなところに快感の材料となるべき刺激が隠されているってことだと思いますし。

性欲は枯れないものですね

これまで何十年と風俗のお世話になってきているんですけど、それでもまだまだ風俗への思いは増すばかりと言うか、まだまだ自分の知らない風俗の世界を楽しんでみたいなって気持ちでいっぱいなんですよね。これだけバリエーションが豊富なので自分でどうやって楽しむのかを考えるだけでもそれはそれで楽しいと思うんですよ。風俗のホームページを見ればどんなサービスをしている所なのか分かるじゃないですか。それを見て自分に合っているのかどうかを判断するだけでも楽しいですし、興味が湧いて実際に試してみるのも楽しいものですしね。そうやっていろんなことを楽しんでいると性欲が全然枯れないなって思うので男としては嬉しい気持ちになりますし、若い風俗嬢と話したり接したりしていると若さをもらえているような気もするので、自分にとって風俗は快感だけではなくて若さももらえるとても貴重な時間になっているなって。だからこそ、性欲は枯れないんでしょうね。