Copy OneNote Notebook to a SharePoint Location

I have recently come across a request to copy an entire OneNote Notebook programmatically from a SharePoint My Site (SP 2010) to a OneDrive location (SPO). OneNote Notebook is not a standard Office document, as it is not a standalone file. It is associated with additional data that is stored locally by OneNote. Therefore, copying…


Learn, watch, training, sessions @ Microsoft Ignite 2016 Conference

Microsoft Ignite kicked off with Pre-Day Trainings at the Georgia World Congress Center on Sunday, September 25, and concludes the afternoon of Friday,September 30. So leave with best practices, new ideas, practical tactics and a strategic roadmap. Lot of sessions, new announcements @ Microsoft Ignite conference, so don’t miss it. – Watch the ‘live’ sessions…


SSIS version number is not valid error

In a previous blog post, I showed you how you can set a target server version for an SSIS project in SSDT on VS2015 in order to deploy packages to multiple versions of SSIS catalogs. This is pretty cool, but if you deploy a project with a version that is newer than your SSIS catalog,…


LAPS updated to 6.2.0

Hello, Tonight, we released updated version of LAPS. Changes in new version: Support for localized local Administrators group name on localized OS builds when using setup parameter CUSTOMADMINNAME – you no longer need to create MST files for OS builds where name of Administrators group is localized to be able to create custom admin account…


Proxy settings & backup to URL (Azure blob storage)

    With so many users new to Azure, Sometimes an issue appears more complex than it really is.  If you back up your databases to Azure blob storage but your company uses proxy servers for internet access, you will need to configure backuptoURL.exe.config  per SQL Server Backup to URL Best Practices and Troubleshooting.  We…


クラウドサービスで予約済み IP アドレスをご利用の際の注意点 (VIP スワップ)

こんにちは。CIE サポート 小野寺です。 今回は CloudService に対して予約済み IP アドレスを割り当てた際の注意点についてお知らせします。   予約済み IP アドレスは、ご利用のリージョン内に割り当てられた IP アドレスを予約していただき、ずっとご利用いただくためのサービスです。 予約済み IP アドレスが提供されるまでは、例えば同じクラウドサービス内のすべての仮想マシンを停止したり、すべてのインスタンスを削除した場合に、パブリック IP アドレスが変化することは避けられませんでした。 しかし、仮想マシンの停止時やインスタンス削除時の IP アドレスの変更は、ユーザー様にとっては予期しない動作であることも多々あります。IP アドレスが変わってしまって接続ができないけど、修正にはかなりの工数がかかる、といったお問い合わせもちらほらと見受けられておりました。 そんなときにこの予約済み IP アドレスというサービスが提供されましたが、クラウドサービスでこの機能を利用する場合には、一つ切っても切り離せない機能、VIP スワップがあります。ここでは VIP スワップをするためにはどのような環境を構築する必要があるのか、VIP スワップ時の IP アドレスの挙動について記載します。   A. VIP スワップをするためには、本番・ステージングそれぞれの環境に予約済み IP アドレスを割り当てる必要がある。 実は VIP スワップをするためには、本番・ステージングそれぞれに別々の予約済み IP アドレスを割り当てる必要があります。仮に、本番環境のみ VIP を割り当て、VIP スワップを試みますと、Powershell では以下のような結果が返却されます。 クラウドサービスで予約済み IP アドレス + VIP スワップを利用する場合には、予約済み IP アドレスが二つ必要であること、本番とステージングそれぞれの環境に別の予約済み IP…


Application Insights Planned Maintenance – 09/20 – Initial Notice

Planned Maintenance: 17:00 UTC, 20 September 2016 – 23:00 UTC, 30 September 2016The Application Insights team will be performing planned maintenance on Availability Web Test feature. During the maintenance window we will be installing necessary updates on underlying infrastructure. During this timeframe some customers may experience very short availability data gaps in one test location at…


Visual Studio Team Services and Microsoft Accounts (VSTS and MSAs)

Visual Studio Team Services and Microsoft Accounts (VSTS and MSAs) Jeff here from the Windows SDK team. I am on temporary assignment to the VSTS group, so this blog post is something a little different. There are 2 kinds of Microsoft accounts: MSA accounts (Microsoft Accounts, LiveID, Outlook, Hotmail, etc.) and WSA accounts (Work School…


【Microsoft Tech Summitまであと33日!】インフラ、アーキテクト、セキュリティの今、そして未来に向けて

皆さん、こんにちは。テクニカルエバンジェリストの戸倉です。 現在、海を渡ったアメリカのアトランタでは、マイクロソフト本社が主催するインフラエンジニア向け「Microsoft Ignite (読み方:イグナイト)」が開催されていることをご存じでしょうか。日本では開催予定は?答えは「イエス!」です。 日本マイクロソフトは、2016年11月1日より2日間、インフラエンジニア、アーキテクト、セキュリティ担当者、IT戦略立案に関わる皆様を対象にしたテクニカルなイベント『Microsoft Tech Summit (読み方:テックサミット)』を開催いたします。今年5月に日本マイクロソフト最大の有償イベントを開催したばかり、という印象を持たれる方もいらっしゃるかもしれないので、ここで一度イベントの違いについて整理しておきます。   今年の春、米国サンフランシスコでは開発者を中心とした技術イベント「Build 2016」を開催しました。その約1ヵ月後、国内でもBuild 2016で提供された最新情報を盛り込んだかたちで「de:code 2016」イベントを開催しました。そして、秋。今ちょうど「Microsoft Ignite」が開催されており、その約1か月後の11月に「Microsoft Tech Summit」という名前でIgniteの内容を厳選し、日本市場にアレンジしてイベントを開催する予定となっています。   イベントの見どころや、登壇者の事前インタビュー等は追って投稿していこうと思いますが、今回はイベント概要と公式サイトをお伝えしておきます。 【Microsoft Tech Summit概要】 ■開催日程:2016年11月1日(火)~2日(水) ■イベント会場:ヒルトン東京お台場 ■参加費:早期申込割引締切10月5日(水)まで!詳細につきましては公式サイトでご確認ください。 通常価格80,000円(税抜価格) 【Microsoft Tech Summit公式サイト】 http://microsoft-events.jp/mstechsummit/ 是非、Microsoft Tech Summitへのご参加、ご検討よろしくお願いします。 イベント会場でお会いしましょう!