目元美容液のおすすめランキング!くま対策に良いのは?

目元美容液のおすすめをランキングで紹介!くま対策には

目の下のたるみの治療方法は?

 

目の下や目元にあるたるみやくぼみは、顔の印象を老けて見せるだけではなく、疲れた雰囲気にしてしまうので、外観の印象を非常に悪いものにしてしまいます。

 

最近はこうしたたるみが、ある程度の年齢の方だけでなく若い人の間にも見られるようになっていると言われています。どうしてこのようなことが起こっているのでしょうか。目の下のたるみが生じる主な原因として考えられるものに、皮膚のゆるみと眼窩脂肪の突出があります。

 

眼窩脂肪というのは、眼球の周囲に存在する脂肪のことを言います。加齢によって目の周囲にある眼輪筋(がんりんきん)という筋肉が衰えたり、眼球を支える支持組織がゆるんでしまうと、支えきれなくなって眼球の位置が下がって、眼窩脂肪を圧迫するようになります。すると、眼窩脂肪が徐々に下まぶたの方に押し出されていくようになって、目袋と呼ばれる膨らみができるようになります。

 

日本人は下まぶたの彫りが浅いために、西洋人ほど目がくぼんでいないのですが、そのために目袋が目立ちやすいようにできており、若くても下まぶたがたるんでいたり、目の下に常にクマがあるように見えてしまう方が少なくないそうなのです。

 

こうしたケースに対して、外科的手術ではこの眼窩脂肪を除去する治療を行う場合があります。しかし、くぼみがある場合は眼窩脂肪を除去うするだけでは目袋が縮小するだけで貧層な印象になってしまうなど別の問題が発生することもあります。

 

いろんな状況に合わせていろんな手術方法がありますので、医師とよく相談しながら自分の状態に最も適切と思われるものを選ぶようにすると良いでしょう。目的とした部分だけではなく、他の部分に影響することもありますし、全体のバランスの問題もありますから素人考えだけで判断するのは失敗のもとになってしまいます。

 

目元のたるみに効果のあるトレーニングは

 

目の下のたるみの改善のために有効なのは、目の周囲の筋肉を動かして鍛えるトレーニングです。ですが、やり方を間違えてしまうと、目元の肌トラブルを悪化させる可能性もありますから、正しい方法で行う必要があります。

 

私たちの体の中で、最も皮膚が薄い場所のひとつが目元です。この目元は非常に酷使される部分でもあり、そして化粧品を塗ることも多く、負担が多くてたるみが生まれやすい部分であるとも言われています。

 

目元の皮膚がたるんでしまう一番の原因は、老化による表情の筋肉の衰えです。本来であれば脂肪を含む皮膚全体を顔の筋肉が支えてくれているのものですが、加齢などの原因によって筋肉が衰えて支える力が弱くなると、重力に負けて皮膚はたるんでくるようになり、目の下にはたるみとなって現れるのです。

 

他の要因として、保水機能のあるコラーゲンやヒアルロン酸が加齢にしたがってどんどん減少してしまい、それで肌の弾力が失われることも原因と考えられています。

 

たるみを改善しようとマッサージに取り組む人もいますが、マッサージもやり方を間違えると摩擦によって皮膚にダメージを与え、悪化させてしまう場合があります。顔には小さな筋肉や血管、リンパが入り組んで存在するために、ちゃんと把握してリンパマッサージなどを行うのは専門家でなければ難しいと言われています。

 

そのため、マッサージをした結果かえってむくんでしまうというケースも少なくないのです。ですから、できれば目の下のたるみを改善するためには、目の周辺の筋肉を動かして内側から鍛えるトレーニングがおすすめです。

 

目の下のたるみを解消したいと思った場合、目の周りを囲むように存在している眼輪筋を鍛える必要があります。この筋肉を鍛えることで重くなってきた皮膚を支える力を取り戻し、たるみを改善することが可能になります。

 

眼輪筋全体を鍛える運動としては、目を思い切り閉じたり開いたりする運動を5秒ずつ、数回繰り返すと効果的です。これであれば特別な道具も必要ありませんし、ちょっとした時にできますから、毎日数回行って筋肉の衰えを防ぐことができるでしょう。