blogSetomits

Hello

AirPods を購入しました

AirPods MMEF2J/A Apple 謹製 Bluetooth イヤフォンの AirPods を購入しました。人気で品薄らしく、1月19日に注文して届いたのは3月1日でした。これまでおおよそ2週間くらい使ってみた感想などを書こうと思います。

1. サイズ

思ったより小さかったです。
耳に装着する部分については、どこの時点からかの iPhone についてくる EarPods というイヤフォンと同じ形なので十分に想像し得たはずなのですが、いざ届いて開けてみたら想像していたより小さく感じました。

2. 装着感

思ったより外れなさそう。
使って歩いたりしているだけでもポロっと落ちちゃうんじゃないかと想像していたのですが、そうは簡単に落ちなさそうです。たまについつい指で押さえちゃいますが、不要なようにも思います。
また、耳の中に押し込んだりして形状が変わるものでもないので、ギューギュー押し込んで耳が痛くなるということはありません。

EarPods に関しては、シリコン製のイヤフォンカバーなんかも売られていて、それで多少フィット感を調整するということもあるようです。でも、 AirPods の場合は充電のためとか失くさないために使用時以外はケースい入れることになりますが、その度ごとにイヤフォンカバーを付けたり外したりというのは現実的ではなく、カバーをつけることはないんじゃないかと思います。

また同様に、失くさないためにとか落とさないためにということで、左右の AirPods を繋ぐケーブルというかネックストラップというかそういうものも売られているようですが、同様の理由で使うのは現実的ではないように思います。

3. 操作性(AirPods 自体)

AirPods 自体はダブルタップを受け付けます。デフォルトではダブルタップをすると Siri が起動して、何らかのコマンドを発行できます。ちょっと使ってみたけど、発行すべきコマンドが特にないので自分はダブルタップを再生・一時停止に割り当てました。選択肢としては、これらのいずれかか、オフにするかの3択となっています。

AirPods は音楽やポッドキャストなどの再生時に片方だけを外すと一時停止、再度装着すると再生されます。
例えばお店で何かを買って支払いをするときや職場で誰かにちょっと話しかけられたり話しかけたりするとき、片方だけを外してやり取りをして話をする必要がなくなった時点で装着で再生となります。こういうときに1アクション少なくなるというのはなかなか良いことだと思います。

ただ、事前に認識をしていたことではありますが、 AirPods で音量の上げ下げはできません。移動をしていて場所が変わったときや聴いている曲が変わったときには微妙に音を大きくしたり小さくしたりしたいことがあります。そういうときにいちいち iPhone を取り出すのは不便です。ここは今後の改善に期待したいところです。

4. 操作性(接続する機器の切り替え)

これまでにいくつかの Bluetooth イヤフォン・ヘッドフォンを使ってきましたが、複数の機器への接続を記憶しておけるものもありますが、その切り替えは総じて面倒臭いです。
AirPods なら iPhone と iPad との間での接続の切り替えがさっと済んで非常に楽です。

5. ケースについて

AirPods を入れておくケースは、 AirPods の充電器にもなっています。ケース自体の充電は Lightning ケーブルで行います。
ケールの質感は良くて触っていてしっくりきます。
AirPods が中に入っている状態でパカっとふたを開けると、 iPhone に AirPods とケースそれぞれの電池残量が表示されます。とは言え、これがさっと反応しなくてすぐに状況の把握できずに困ることは度々あります。

ちなみに、歩きながらケースを開けて AirPods を取り出して耳に付ける、ということをするときにはちょっと注意が必要です。
前述の通り、利用時に外れる心配はあまりなさそうなものの、取り出すときや耳に装着するときにはポロっと落としてしまいそうです。電車の駅や歩道を歩いているときに、線路や道路にポロっと落としてしまって...ということが起こりかねません。
対策としては、万全を期してまず付ける、ということくらいでしょうか。

6. まとめ

音量の上げ下げができないというのは割と大きな問題だと思いますが、概ね気に入っています。
Apple 製品を使っていて、現在 Bluetooth のイヤフォン・ヘッドフォンを使っていない人にはおすすめです。
Bluetooth のイヤフォン・ヘッドフォンを使っている人にとっても、使ってよかったと思える点はわりとあると思いますが、もろもろ改善された次の AirPods が出るのならばそちらを待ったほうが良いかもしれません。
Posted at 11:55 Comments : 0

Chrome for iOS アイコンのフォースタッチ

google chrome force touchedフォースタッチに対応してた iPhone は iPhone 6/6s Plus からだったように思いますが、初めの頃はアプリアイコンにフォースタッチにイベントが割り当てられていないアプリも多かったところ、最近ではわりと多くのアプリのアイコンがフォースタッチになんらかのイベントを割り当てているように感じられます。一方で、一応たまにはフォースタッチをしてみてどういうことができるのか見てはみるものの、大した機能がなくて特に使わないことが多かったです。
そんな中、最近のバージョンの Google Chrome ではフォースタッチに QR コードの読み取りというメニューが追加されました。実際のところ、 QR コードを読み取るのはどこかのウェブサイトに誘導されたいけど URL を入力するのが面倒というときのように思うので、ブラウザの機能として QR コードリーダーが搭載されるのは説得力が強いように感じます。
当然のことながらちゃんと機能するし、これを機に単なる QR コードリーダーアプリはアンインストールし iPhone に並ぶアイコンを一つ減らすことができたしでちょっと嬉しいです。
Posted at 10:42 Comments : 0

運転情報収集モニターをやってました

muji labo appうちはかれこれ10年以上、自動車保険は三井ダイレクトを使っています。先日三井ダイレクトから、運転情報を収集するモニターを募集しているという連絡を受けて、どんなもんだか知りたくて応募しました。
キャンペーンは三井ダイレクト損保 | 専用車載器とスマートフォンアプリによる運転情報モニターを募集しますというもので、車載器が計測した加速度センサーや GPS のデータを Bluetooth で接続したスマートフォンアプリで吸い出し、サーバーに投げるという挙動をしています。結果としては「まあそうだよね」という感じでした。
内蔵バッテリーのみで駆動するのですが、残念ながらふと気づいたらバッテリーが切れてしまっていたので送り返してしまいました。この手のやつをやるには、クルマから電源が取れないと継続した利用は難しそうですね。いまどきなら OBD-II ポートにつなぐものが主流かなと思うのですが今回のものはそうではありませんでした。手軽に電源を取ろうとするとシガーソケットや USB ポートを使うことになるけど、これのためにひとつ潰されてしまうのはもったいないし、だからと言ってハンドルの下のパネルを開けて自分で配線するとかは現実的じゃなかろうし...。とりあえずの実験としては内蔵バッテリーというのは現実的な選択だったようにも思います。
Posted at 00:20 Comments : 0

CSI シーズン 12

CSI:科学捜査班 シーズン 12 (字幕版)ラスベガス気分を高めておこうと、ラスベガスに行く飛行機に乗った時からちょくちょくと時間をかけてCSI:科学捜査班 シーズン 12を見ていたのですがついこないだ見終えました。
内容はこれまで通り安定的に面白いのですが、ラスベガス市内の風景が映る時にはやっぱり多少なりとも知っている場所だと、より面白いものだなと改めて思いました。
このシーズンでは何より驚くことに、キャサリンがいなくなってしまいます。まさかいなくなるとは思っていなかったのでびっくりでした。
Posted at 23:42 Comments : 0