キャットフード安全ランキング@体に良く食いつき重視

キャットフードの保存を考える

 

キャットフードは食べることばかりを考えがちですが、ある程度使っていると、保存にも気を遣うようになってきますよね。どのような形で保存するのが良いのか、そしてどのくらいの期間保存することができるのか、これはキャットフード選びにおいても大事なポイントです。

 

猫は免疫力が強い野生の生き物、というのは間違いないのですが、これはあくまで人間と比べたらそうだというだけで、必ずしも何でも大丈夫と言うことではありません。質の悪いものや腐ったものを与えてしまうことで体調を崩すのは自然界の猫だとしても少なくはないのです。

 

自然界では猫は自分でよくない食べ物を判断する能力が長けているため、そうしたものを口にする機会は少なくなりますが、飼い猫はそうした能力が低くなっていますし、基本的に与えられた食べ物を食べるしかない状況がありますから、どうしても食べてしまうことが多くなります。飼い主がしっかり意識をもって良い状態の食べ物を与える必要があります。

 

フードの管理については、やはり基本は酸化防止です。高温多湿を避け、空気との接触を極力減らすのが良いでしょう。これはドライタイプでもウェットタイプでも同じです。

 

ドライタイプは大量に袋に入っているので、何度もあけたり閉めたりしているうちにどうしても品質の劣化が起こっています。理想としては最初に一食分ずつ分けて保存して、必要なときに必要な分だけを出すのが良いとされています。ウェットタイプは一食分ごとに分けられていることが多いですが、お皿に出したままの状態で食べ残しを置いておいて、それをまた後で食べさせる、ということになると酸化しやすいので注意が必要です。

 

キャットフードは猫のための食事

 

キャットフードというのは猫のための食事です。これは誰も否定しないと思います。他の動物に与えてもそれほど食べませんし、メリットがありません。猫にとって最も良い食事を追及したものがキャットフードなのです。

 

野生動物としての猫は、ネズミやヘビ、昆虫や草などから必要な栄養素を摂取していたと言われています。そのため、どうしても食料の供給には不安定さがありましたし、そして食べられるものによっては栄養の偏りも出てきます。それだけではなく、体がうまく作れなかったことによって、他の猫とのケンカに負けたり食料や縄張りを奪われたりしてしまうという厳しい競争社会に生きていました。

 

ところが今では人間がキャットフードを開発してくれたため、食事を得ることが昔と比べて難しくありません。栄養バランスを考える必要もあまりありません。食事の格差による体力の格差も少なくなっています。ケンカをする経験の大小を抜きにするなら、野良猫よりも体格の良い猫がずっと増えていると思います。

 

何より長生きすることができるようになりました。栄養バランスも優れていますし、年齢に合わせた栄養や、体に悪いものが少なくなっていることなどが猫の寿命を押し上げています。病気の回復や体調管理に良い食品も多くなってきています。

 

このようにキャットフードは猫にとって非常に革命的な食事であるといえます。無理に野生に返したり、人間があれこれ気を回してあげるよりも、キャットフードを与えて後は猫の自由にさせておくのが一番と考える専門家も多くなっているようです。

 

ドライタイプの特徴

 

ドライタイプのキャットフードと言えば、私たちがイメージするキャットフードだと考えて良いでしょう。固形の飼料が袋にたっぷり詰められているあれですね。これらの特徴は、しっかりした栄養が含まれ、カロリーも十分に摂取することができることにあります。

 

一般的にドライタイプのキャットフードは、主原料が穀物なのか肉類なのかによって価格帯が大きく変化します。穀物主体になると、栄養面では炭水化物がどうしても多くなり、肉類主体の場合はたんぱく質が多くなります。猫はもともと肉食動物で、たんぱく質からカロリーを摂取するのが正しいとされていて、肉のほうを好む傾向がありますが、価格が高くなってしまうので、バランスを見て考えましょう。

 

ドライフードは少々固いものの、猫によっては噛み砕くことによってストレスを解消したり、アゴを発達させて食べられる食材を増やすことにもつながるので、無理のない範囲で食べさせてあげるのが大切です。

 

デメリットとなるのはノドが乾きやすいというところで、元々猫は水分の摂取量が少ないので、適宜水分を補ってあげないと簡単に脱水状態になってしまいます。また、腎臓の病気を生じることも少なくありません。ドライフードを与えるときには、一緒に水も与えてあげるように心がけてください。素材の味がしっかり感じられるドライタイプのキャットフードは、猫にとっては大好物のひとつで、主食として最も用いられやすいもの。食べる機会が多いだけに、できるだけ安全で栄養価の高いものを選びましょう。

 

外国産のキャットフードの特徴

 

キャットフードに関しては、実は国内産よりも外国産の方が品質が高いことが多いです。たまに国産を売りにしていることがありますが、あれは知識のない人を引き付けるための宣伝文句でありあまり感心できません。

 

外国産のキャットフードに関しては、原料が穀物よりも肉であることが多く、そのため猫にとっては嬉しい味であったり栄養バランスになっていることが多いです。一言でいうと、高品質だということができるでしょう。

 

外国産は粗悪なイメージを持っている人もいますが、海外の方が猫を大事にしている風潮もあり、その安全管理基準が日本よりも高い場合も多いのです。猫は海外では神聖な動物だったりすることも多いからでしょうね。泥棒猫なんて表現はほとんどないそうです。さらに、外国産のキャットフードは機能性をもたせた商品も多く、ダイエット用であったり、腎臓病対策用、免疫力強化などの特性が付与されたフードもたくさんあります。

 

注意しなければならないのは、国産品と比べて添加物の割合が多くなっていることが多いこと、そして、成分や品質に関する表示が曖昧になることも多いということです。特に東南アジアなどで作られている安価なフードにはこうした傾向が見られます。

 

必ずしも東南アジアが良くない、ということではありませんが、安いということにはそれだけの意味があり、高いということにはそれだけの意味があります。外国産だから国内産だから、ということだけでなく、成分や価格から品質をしっかり判断しましょう。

 

子猫用・成猫用とは何?

 

キャットフードは猫の年齢や発育状態に応じた形で販売されているものも多いです。猫と一口に言っても、その発育状態に応じて体の大きさはもちろん、活動量も全然違ってきますから、当然必要な栄養は変わってきます。それを飼い主が把握して調整することができればプロレベルだといってもいいでしょう。しかし、そんな知識と眼力のある人はほとんどいないので、専門家があらかじめ猫の段階に合わせた食事を提供しているのですね。

 

子猫用は、およそ生後4ヶ月から1年程度の子猫に与えられるもので、急速に成長していく猫の発育に必要な栄養をサポートしています。具体的には高カロリー、高たんぱく質であり、なるべくたんぱく質が体の成長に使われるように工夫されています。また、人間にはあまりわからないのですが、子猫向けの味になっているそうです。また、体重が少なく、病気にもなりやすいので、添加物にも注意を払って作られているものが多いそうです。

 

そして成猫用のキャットフードがもっとも一般的なキャットフードで、この時期には活動するためのエネルギーが主体となります。ただ、活動量によってはカロリーが消費しきれず肥満の原因になったりすることもありますので、与える量については飼い主が責任をもって管理してあげましょう。基本的に子猫用はこだわりをもって作られており、また需要が少なめになっているので、どうしても成猫用と比べると高くなります。子猫用や成猫用を与えないといけない、ということではなく、傾向の違いがあることを押さえておきましょう。

 

老年のキャットフード

 

猫にも当然老年期がやってきます。老年期になった猫は、活動量が著しく減っていくだけでなく、関節や内臓にも衰えが見られ、障害を持っている場合も少なくありません。このところは人間と同じだといえるでしょう。

 

では、どのあたりからが老年といえるのかと言うと、一般的には10歳くらいだと考えられます。このレベルになると、野良猫ではほとんど見かけられず、人間がしっかり管理したからこその老年期であると言えるでしょう。人間との生活にも非常に慣れていて、家族の一員としてしっかりした関係性を築いていることが多いと思います。それゆえ、健康管理には特に気を遣ってあげたいですよね。

 

さて、この時期になるとカロリーよりもたんぱく質やミネラル分が大事になってきます。特に、体の中で不足しがちなカルシウムなどをしっかり補給しないと骨が弱っていき、ケガしやすい体質になってしまいます。

 

そして、食が細くなってきていますので、昔ほど多くの食事をしなくなるため、その分質が重要になります。カロリーは少なくて良いですが、体を維持するための栄養素が減るわけではないからです。

 

10歳以上の老年期用のキャットフードはこうした時期に配慮して作られているので、栄養管理上非常に有用ですが、だからと言って猫が食べなければ意味がないので、十分な量を食べさせるためには多少の工夫が必要になるかもしれません。

 

同じようなフードを出すばかりでなく、フードを変えてみたり、ブレンドしてみたり、いろんな方法を試してみて、しっかり食べてもらうようにしましょう。

 

食いつきのいいキャットフードなら >>> http://www.hosziahinds.net/

 

生活習慣病とコレステロールの関係

 

実際に、今の時代はの死因の、1位はガンで、2位は心臓病、3位は脳卒中となっています。生活習慣の見直しを行うことにより、死因の原因を避ける事が出来るようになりますので、きちんと健康に過ごすためにも、食生活の見直しや適度な運動を心掛けるようにしましょう。

 

心臓病についてですが、血管に関係する病気で動脈硬化が原因となっています。血液の中に必要以上のLDLコレステロールが増える事により、動脈硬化を引き起こしてしまい、血管がつまったり、心臓病や脳の病気の発症を高めてしまうのです。

 

動脈硬化は、痛みなどがあるわけでなく、自然に進行していきます。健康診断などでLDLコレステロールの数値が高いと医師に言われた場合には、きちんと改善を目指して行く必要があります。

 

多くの方は、食事の量を減らすと考えているのですが、量を減らすと体が今までのように動くことが出来なくなってしまいます。何より重要な予防方法としては、食事面で栄養バランスの整った食事を心掛けるようにすることが重要になってきます。

 

また、日常に適度な運動を取り入れるようにして、食べ過ぎたと感じる時には、より運動を行う必要が出てきます。治療法をしては薬物治療となってしまうので、なるべく自分で解決できる道を選ぶ必要があります。

 

また、ストレスなども関係してくるので、自分なりのストレス発散方法を見つけることも重要になってきます。動脈硬化を防ぐことが何よりも、健康を維持して命を守る方法となっています。

 

LDLが気になる方に >>> LDLコレステロール下げるサプリ

 

猫はどうして無添加キャットフードを食べないのか

 

無添加のキャットフードに変えて、猫が食べてくれないなんてことがあると思いますがどうしてなのかと悩んでいるとは思いますが、考え方を変えてみるとこの理由は見えてきます。人に置き換えた場合、ファストフードやコンビニ食をずっと食べていれば健康を害してしまうということがわかると思います。

 

このように美味しい食べ物は食べ続けることが出来ますが、それによって健康が害されて入院してしまえば病院食が出てきますが、病院食というのは減塩していたり、雑穀米を使っていたりして味気がありませんので食べたいと思わないです。つまり猫にとって無添加キャットフードというのは人間で言う病院食のようなものだということを覚えておきましょう。

 

それでも、きちんとキャットフードを吟味して選んでいた場合は無添加キャットフードでも食べるのですが、無添加にしたら全然食べないというのであれば、それは添加物中毒になっているということをおぼえておきましょう。そもそも、キャットフードというものに関してですが、今では非常に多くの種類があります。

 

その中には添加物が非常に多く入っているものも当然ありますが、そういうものばかりを与えていると無添加にした際に食べなくなってしまいます。ですので、とにかく普段からそういった添加物があまり含まれていないものを選ぶということが重要になります。人気はこちら⇒ラグドールに人気のフードは?

 

また、添加物中毒になっていて無添加キャットフードを一切食べないというのであればどうすれば食べさせることが出来るのかと悩んでしまうと思いますが、与え方としては普段のキャットフードに少しずつ無添加のものを混ぜて味に慣れさせて、最終的に無添加に移行するという方法をとるといいでしょう。

 

 

 

 

更新履歴

Copyright (C) 2017 キャットフード安全ランキング@体に良く食いつき重視 All Rights Reserved.